思いついたことを伝えたいブログ

2016/06/20

貴乃花部屋移転先の江東区の不動産価格

大相撲の貴乃花部屋が6月下旬に東京中野新橋から江東区の東砂に移転するそうです。理由は国技館に近い場所に拠点を移すことで、部屋や一門の繁栄を目指し、通勤の負担も軽くしたいためだそうです。移転先の部屋は両国から約6キロのところにあるそうです。建物は延べ床面積で413㎡の2階建てで、相撲部屋に改装するそうです。


移転先の江東区とは

江東区は東京では下町と呼ばれていますが、都心への通勤に便利な所で、平成28年には人口が50万人を超えました。特に青海、有明、豊洲、東雲などの地域で大規模な開発が進み、人口の流入が加速したようです。一昔前に比べると、ずいぶんと様変わりしました。


ところで、江東区といっても都心に近い森下や深川などは人気があるので、住宅地の土地相場も坪150万円から200万円くらいしますし、分譲マンションの価格も高くなります。しかし大島や東砂などは江東区の中でも都心から一番遠いところに位置していますから、不動産相場も安くなります


移転先の東砂の土地相場

平成27年度の路線価ですと、住宅地で25万円/㎡程度ですから実勢価格では坪100万円から120万円程度となります。但し、容積率が多くなるにつれて価格も上がる傾向にあります。


貴乃花部屋の不動産価格の想定計算

貴乃花部屋の想定土地面積は建蔽率60%と仮定すると、

413㎡÷260%=344㎡(104


土地価格は


104坪×100万円=1400万円


建物については築年数が分からないのでザックリですが、


125坪×50万円×0.63750万円


合計

1400万円+3750万円=14150万円という事になります。

大雑把ですが。 







以前、貴乃花部屋が新しい相撲部屋を捜しているという話は耳にした事があります。でも具体的な希望場所までは知りませんでした。本当は両国近辺で相撲部屋が見つかれば良かったと思いますが、なかなかまとまった広さの不動産が無かったんでしょう。東砂にしたのは、建物の広さと予算が関係していたのかも知れません


ちなみに貴乃花親方の奥さんも小さなブティックを開きたいという話を聞いたことがあります。もう良い場所は見つかったのでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク