思いついたことを伝えたいブログ

2016/09/11

派遣会社に登録して頼んでも仕事があるとは限らない

正社員としての仕事がなかなか見つからないとき、「派遣でもやろうか・・・」と考えることがあります。働き方や仕事の選び方は人それぞれですから派遣という働き方を否定はしませんが、出来る事なら正社員で長く働きたいと思います。

個人的には、派遣は雇用期間が決まっているので、とても安定した働き方だとは思いませんが、それでも派遣に一度だけ頼った事があります。面接も3社程度行きました。

仕事の選び方は、インターネットで転職サイトを見ると、募集をかけている仕事がたくさん見つかります。私の場合はまず”派遣会社ありき”ではなく、先に仕事の内容です。その内容をたどっていった結果、問い合わせ先が派遣会社だったことがほとんどです。




派遣会社で行った事

派遣会社で仕事を探してもらう場合はまず、「派遣会社に登録をするように」と言われます。それで日時を決めて、派遣会社に出向きます。当日は担当者が簡単な面接を行い、履歴書の照合や資格、アピールポイントなどを聞き取り、整理します。

大手派遣会社では、その場でパソコンの入力や一般社会常識などのテストを行う事もあります。

派遣会社では、すでにクライアントから必要な人材の条件が来ていますから、仕事内容と合うかどうかを聞かれます。もし年齢の段階で条件にはずれるようであれば、紹介はされません。すぐに他の仕事を勧めされます。

派遣会社は登録させるだけ?

派遣会社と言えども営利企業ですから、一定の新規登録者は必要だと思いますが、すこし疑問に思った事があります。応募する側から考えると、登録したのはいいけれど、仕事が無い、なんていう事は避けたいと思いました。

まずインターネットで希望する仕事を探し、その仕事の紹介先が大手派遣会社だったときの事です。

希望する仕事がまだ募集しているのか派遣会社に電話し、「あります」という事を確認しました。そして登録の希望日時を聞かれたので、翌日の午前中を希望し、さっそく翌日に派遣会社を訪問することにしました。

当日、派遣会社を訪問すると、広いオフィスに接客テーブルとパソコンがありました。指定されたテーブルに案内され、しばらくして担当者が出てきました。

軽く挨拶を交わしたところで、先日、問い合わせた仕事があると聞いたので、その仕事を紹介してほしいと聞きました。担当者は、「仕事の紹介を受ける場合はまず登録が必要です」と説明したので、応募シートに記入しました。さらに「簡単なパソコン入力テストもあります」と説明がありました。

テストが終わったところで、担当者が奥の事務所から出て来て言いました。「昨日問い合わせを頂いた仕事はもうありません」。

私は昨日まで、まだあると聞いていただけに驚きました。特に応募者が殺到しているとも聞いていませんでした。

希望する仕事が無いというなら仕方がないので、少し悩みましたが、その派遣会社に次の仕事を頼んで帰りました。

でも、自宅に帰っていろいろと考えましたが、どうも納得がいかないのです。こっちは前日に仕事がある事を確認して翌日、派遣会社に訪問しているわけですから。

結局、私は数日後に派遣会社の登録をキャンセルしました。

どうせまともな仕事など紹介されないだろうという不信感からです。

それ以来、もし派遣で仕事を探す場合は、仕事先が具体的に明記されているときに限ることにしました。インターネットサイトでは、派遣会社が紹介している仕事先は簡単に書いている事が多いのですが、中にはしっかりと書いているところもありますから、より正確な情報を得るという意味でも、面倒でもとにかく納得がいくまで探すという事だと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク