思いついたことを伝えたいブログ

2016/09/18

転職で電話面接は受けるべきか

「電話面接」というものがあります。面接担当者が応募者と合わずに、電話だけでやりとりをするのです。主に遠隔地で人材を募集する場合に行われるようです。電話だけで応募者の人間性や能力が理解できるものなのか疑問に思うこともありますが、応募する場合には、面接方法を確認した方が良いでしょう。なぜならば、電話で個人情報を根掘り葉掘り聞いてくるからです。


後で嫌な思いをしないためにも個人的な経験をお話をします。









仕事を探していたときの事です。募集要項に「面接は電話で行う」と書いてありました。会社の営業所はあるんだから、面接をするなら出向いて来るのが普通だと思いますが、経費の問題などがあるのかと思い、それでも構わないので履歴書等の書類を郵送しました。



1週間程度して、応募先の面接担当者から電話がありました。



「今日、電話面接をするので準備をしておいてほしい」という連絡でした。それで、午後の決められた時間に行うことを約束しました。およそ40分程度という事でした。



そして電話面接が始まりました。



その時、少しおかしな事を言われました。それは面接担当者が「何も言わないときは、メモ書きをしていると思って下さい」という事を言われました。



何を言っているのか意味が分かりませんでしたが、たぶん、面接担当者が質問してこちらが答えた時、その内容をメモしているから質問をしないようにという意味に取りました。つまり、あまり質問をしてはいけないのかと疑問に思いました。



そして、自宅の電話番号や家族構成、過去の仕事内容などを聞かれました。私は応募する時には携帯電話番号しか書かないので、電話で自宅の電話番号を聞かれた時にはあまり良い気持ちにはなりませんでした。個人情報が応募先の会社でどのように扱われるのか心配だからです。



さらに健康診断を受けた時期なども細かく聞かれました。これははっきりと覚えていなかったので、適当に答えました。



そして電話面接が終わったところで、「以上で終了です」と言われ、「何か質問はありませんか」という言葉はありませんでした。



この電話面接で感じた事は、単に個人情報を取るためのものではないのかと思いました。なぜなら仕事内容についての説明がほとんど無かったからです。いくら募集要項に書かれていても、それだけでは実務は分かりません。



数日後に不採用の連絡がありました。理由は、必要としている資格を保有していないからでした。しかし、その資格というのは募集要項では必須とはなっていませんでした。



私はその会社の対応に不信感を感じたので、履歴書を返してもらいたく頼みましたが返すことは出来ないと言われました。



電話面接というものを経験して思う事は、相手の顔や会社が見えない中で、いろいろな個人情報を電話一本でしゃべらなくてはならないことです。これが嫌なら最初から受けない事をお勧めします。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク