思いついたことを伝えたいブログ

2016/11/27

松居一代さんの世田谷代沢の自宅価格と船越英一郎さんのマンションはどこ?

マルチタレントの松居一代さんが投資で大儲けをしているとネットで話題になっていますね。松居一代さんのご主人は船越英一郎さんですが、テレビなどの報道によりますと、すでに別居状態だそうです。それも自宅から100歩の距離の高級マンションに住んでいるそうで。この場所については最後の方で取り上げてみたいと思います。


松居一代さんと言えば、当時住んでいた自宅のマンションに欠陥があって、水漏れトラブルがあり、補償問題で長期に渡って建設施工会社と交渉を続けていたことがありました。


また、ご主人の船越さんとの夫婦げんかで、ご主人の携帯電話を煮えたぎる鍋の中に入れたりへし折ったりと、なかなかすごい主婦だと思いましたね。


もっとすごいのは、投資で資産をかなり増やされている事です。この金銭欲について言えば、もともとそういう気質かは分かりませんが、ネットでは、前の夫と別れたときに1億円以上の借金を背負うことになったそうで、その返済のために日夜頑張られ、その流れが今日の儲ける力になっているのだと思います。


儲け話はこのくらいにして、本題の松居さんの自宅の評価をしてみたいと思います。







世田谷区代沢という場所


松居一代さんの自宅は世田谷区代沢にあります。家の表札がまだ”船越”となっていますね。最寄駅は京王井の頭線の「池ノ上」になります。周辺は閑静な住宅地で都心にも近いので、至便な立地と言えます。


土地の価格


土地の面積についてはネットで80坪と出ていましたが、Googleで計測すると約270㎡ですから81坪となります。平成28年度の路線価は54万円/㎡ですから坪178万円です。実勢相場は路線価の1.5倍として計算すると坪267万円となります。

従いまして土地価格は81坪×267万円=2億1,600万円となります。


建物の価格


この地域は第一種低層住居専用地域で建ぺい率50%、容積率150%となります。つまり土地に対する建築面積は敷地の半分しか建てられないのですが、松居さんの自宅の画像を見ますと、半分をオーバーしているように見えます。違法建築でないとすれば、たぶん建物のどこかを面積不算入にしているのかもしれません。


建物の構造についてはネットでは、地下1階地上2階建となっていましたから、延床面積を正確に算出できませんが、建築面積を建築基準法に従って40坪とし、総3階建てとして計算すると、

40坪×3=120坪となります。


建築坪単価は大手ハウスメーカー仕様と考えて坪80万円として計算すると、

120坪×80万円=9,600万円となります。


さらに外構工事やカーポートもあり、地下部分の造成工事もありますので、プラス1,000万円として考えると、

9,600万円+1,000万円=1億円600万円となります。


従いまして、土地・建物価格は、

2億1,600万円+1億600円=3億2,200万円となります。


船越英一郎さんの自宅マンションはどこ?


ネットニュースでは、松居一代さんの自宅から歩いて100歩と出ていましたから、非常に近い場所になります。さらに購入価格が2億円ですから、広いタイブの分譲マンションだと言う事が分かります。分譲マンションの近隣相場から逆算した場合、坪300万円では2億円÷300万円≒66坪ですから220㎡クラスとなり、坪350万円では2億円÷350万円≒57坪ですから188㎡となります。






このような条件に当てはまる近隣のマンションでは、「プレミスト代沢」という物件がありますね。2009年に建てられ、「池ノ上」駅から徒歩7分、専有面積は171,21㎡です。


もう一つは「グランドメゾン代沢」という物件もあります。2008年に建てられました。100㎡超で約1億円です。この物件は自宅から目と鼻の先にありますね。あくまでも想像ですが。


でもちょうど良い物件が見つかって良かったですね。不動産の営業担当者も大喜びだったと思います。

 

松居一代さん 離婚成立で自宅の名義も全て自分に変更


17年12月の週刊紙報道によりますと、とうとう松居一代さんと船越英一郎さんの離婚が成立したようです。12月14日に船越さんの所属事務所・ホリプロが「12月13日、東京家庭裁判所において、双方の当事者出席のもと、第2回の離婚調停が行われ、合意に達し、調停離婚が成立したことをご報告申し上げます」と発表しました。「調停の詳しい内容はお話できません」とした上で「慰謝料、財産分与はありません」と伝えています。


ところがちょうどこの頃、代沢の自宅名義が船越さんの持分5分の1が一代さん名義に売買により移転されているんですよね。これは、一代さんが船越さんに家屋の持ち分を買い取る形で代金を支払った可能性があります。さらに氏名も船越一代さんから松居一代さんに変更されているんです。さすが、やることが早いですよね。


この自宅の所有名義については、建てた時から松居一代さんがほとんどの持分を所有していましたので、離婚を期に全て一代さんの所有物になったというわけです。


それにしても、2人の住まいを共有名義で新築したのに15年程度で解消されてしまうのも、いろいろと考えさせられますね。


1 件のコメント:

  1. Thanks for the marvelous posting! I certainly enjoyed reading it, you can be a great author.I will remember to bookmark your blog and will come back sometime soon. I want to encourage one to continue your great posts, have a nice afternoon! apple itunes login

    返信削除

スポンサーリンク