思いついたことを伝えたいブログ

2016/11/23

Google AdSenseはもう商業的なブログでないと承認されない?

2016年春頃からGoogle AdSenseの審査条件が厳しくなり、承認されるためのハードルが高くなっているようです。以前は日記系の内容でも承認されていたようですが、今ではそう簡単には承認されないようです。なぜ厳しくなったのかを考えてみたいと思います。

   


一度審査を通過したらアクセス無くても続けた方が良い

その前に個人的な経験を言いますと、実は2014年にAdSenseの審査に承認された事があります。サイトは独自ドメイン、自分でホームページを作り、記事数は20程度でした。記事の内容は一般的なネット関係の商品などのレビューを書きました。


ホームページはDreamweaverで作成し、記事は毎回FFFTPでアップロードしていました。何でこんな面倒な事をしたのかと言いますと、Webについて全くの初心者だったので、基礎的な事から勉強して、実際にどんな風にホームページサイトが作動するのか試してみたかったからです。

AdSense20記事で申請したところ、数日後に1次審査を承認され、その後、アドセンスコードを試行錯誤しながら何とか貼り終え、1週間程度で2次審査が承認されました。


しかし、理由あってそのサイトを閉鎖したため、AdSenseもその状態のまま消してしまいました。閉鎖した理由は、グーグルアナリティクスでアクセス解析をしたところ、連日ひとケタしかありませんでした。つまりインターネットの中では全く評価されていないホームページだったということが分かったからです。


また、アドセンスから変な警告も来ました。サイトのどこに問題があるのか意味が分からず、結局、何をどうしたらいいのかさっぱり分からなかったので、もう面倒くさいから、止めることにしました。


それから約1年後、再度Google AdSenseを利用したくなったため、YouTubeでアカウントを取得してAdSenseに申請し、その後、ブログを作成して申請をしていきました。AdSenseチームから「個別識別番号(PIN)」の通知も来ました。


YouTubeではすでにAdSenseは有効になっていますが、ブログで再度審査を通過させるには、かなり時間がかかっています。一度、審査を通過したら、全くアクセスが無くても続けておけば良かったと思いますが、この詳しい内容については別の機会にまた説明をしたいと思います。

なぜ審査が厳しくなったのか

原因はいろいろと考えられます。ネットでは、無料ブログの量産による薄利な内容で広告を出す意味が無いとか、自己クリックによる問題などが書かれていました。また、インターネットサイトでは、更新が何年もされていない無数のブログが存在しています。つまり、そのようなブログに書かれている情報は古いものが多いので、タイムリーに配信される広告とマッチングするのかという疑問があります。また、価値の無い大量のブログに大量の広告を配信するのはGoogleのサーバーの負担にもなるのかと思ったりします。


さらに、広告をクリックされた時の商品成約率の問題もあると思います。Google AdSenseは、クリックしたときに報酬が発生しますが、広告主からすると、広告に掲載した商品を購入してもらわないと意味がありません。


では、ブログなどのインターネットサイトを見た時に、ユーザーはどういう時に広告をクリックして商品を購入するのでしょうか。ここは最大のポイントだと思います。


そして、その答えはグーグルのポリシーチームが教えてくれています。


ブログサイトを見て共感し、欲求を満たしてくれないと広告をクリックしてくれないし、さらに商品も購入されない」、というものです。つまり、ユーザーにとって役に立っているのか、という事です。


しかし、役に立ったかどうかは人によって異なりますから、結局はグーグルサイドの判断になりそうですが、それだけユーザーにとって役に立つ内容のブログコンテンツを作らないと、広告主は安心して広告配信が出来ないし、Googleの立場やブランドにも影響するのではないかと思います。


役に立つブログは商業的センスが必要

以前は日常的な日記ブログでも審査が通っていたとネットで見かけますが、もうこの様な内容ではダメで、さらにポリシーに準拠した内容となりますと、たぶん「商業的」なブログしかないような気がします。

んなブログが承認されやすいか 
それは広告主にとって広告を配信しやすい、つまり広告とマッチングしやすいようなコンテンツの記事内容という事になりますが、それはどんなものなのか、その例を列記してみます。

・商品レビューブログ
自分で商品を購入して使用した感想を書くブログです。家電製品やインターネット商品などが対象です。

・料理や食べ物を紹介するブログ
料理を作ったり、レシピを紹介するブログです。

・旅ブログ
日本や世界各地に旅行する地域ネタを書くブログです。

・インターネットなどのWebコンテンツのブログ
Webを利用する場合に、いろいろなノウハウを紹介するサイトです。良くあるのがSEOやスタイルシートのカスタマイズがあります。


承認されにくいブログ内容
・政治関係
・アダルト
・ニュース配信


さらにグーグルポリシーチームでは、大切なポイントを伝えています。


グーグルアドセンスは一般向けコンテンツのみに表示できます。内容は、ファミリーセーフなコンテンツであることが必要です。つまり、自分の子供と見て大丈夫か、職場で同僚と見て大丈夫か、家族と夕食で子供と見て大丈夫か。


もし抵抗を感じる内容だった場合、AdSenseには適さないという事になります。


さらに、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠し、オリジナリティがあり、ユーザーに価値をもたらすコンテンツが求められているそうです。そして、そこのサイトに行かないと見られないようなユーザビリティを保持しており、ユーザーにとって有益でるかという事です。


この条件を全て満たすようなブログコンテンツを作れる人は、もう業界の人とか何らかの専門家、もしくはその道のマニアしかいません。でも、個性のあるコンテンツ作りは日々試行錯誤の中から生まれると思いますから、ひたすら続けていくしかないと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク