思いついたことを伝えたいブログ

2017/01/28

福島瑞穂議員の新宿区の自宅マンション価格はいくら

社民党の福島瑞穂議員の資産が公開され、所有不動産に新宿区内藤町にある高級マンションが追加されたと週刊紙が報道しました。2009年には約1億2000万円の預貯金を公表したそうですが、今回は定期預金が1億円減りはしたものの、高級マンションが資産として追加されました。報道によりますと、地元不動産業者に言わせると、新宿御苑にほど近い好立地だそうで、近隣でも人気物件だそうです。もし物件を売りに出せば8000万円から9000万円の値が付くそうです。


福島みずほ議員を見たことがありますが、小柄な人でした。身長は150センチぐらいしかありませんでした。体系はふっくらとしていますが、ボディガードに守られながら、機敏な動きで歩いて移動していました。


福島みずほ議員の住まいはWikipediaによると神奈川県在住となっていますが、別宅として都心に住居を構えたのでしょうか。報道から推測すると、購入価格は約1億円で、坪単価300万円で割り戻すと33坪ですから専有面積は110㎡、坪単価350万円で割り戻すと28坪ですから専有面積は92㎡の分譲マンションだと言うことになります。そこで今回は新宿区内藤町について書いてみたいと思います。





















内藤新宿とは、江戸時代に内藤家の武家屋敷があり、宿場町としても栄えていたことから、そのように呼ばれていました。このように内藤町は歴史のある街区ですが、都内の中では高級住宅地としては位置づけられていないのです。土地相場は平成28年度の路線価によりますと、坪200万円ですから実勢相場は坪300万円になり、確かにそれなりの不動産相場です。


しかし、内藤町という街区が南北に長細く、さらに外苑西通りに沿っているため、公園が近くても高級住宅地というイメージはあまりありません。さらに新宿通りやトンネルもあるので、騒音が気になるところです。


内藤町へ徒歩で行くには、JR総武線の千駄ヶ谷を利用する方法がありますが、少し上り坂になります。それが負担であれば、東京メトロ丸の内線の新宿御苑前駅か四谷三丁目から通う方法もあります。


福島みずほ議員が内藤町のマンションを選んだ理由は、新宿界隈で飲むことが多いからかも知れませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク