思いついたことを伝えたいブログ

2018/03/21

喉の違和感・ひっかかる感じがやっと治ったという体験

喉がつまる感じや、何かが引っ掛かるような感じになったことはありませんか。原因はストレスによるものではないかと言われていますが、本当の原因ははっきりしていないと思います。私も1年近くに渡り、喉に違和感を感じていました。







どんな違和感かと言うと、つばを飲み込むときに、喉の奥が引っ掛かったような感じがするのです。ピーナッツとか柿の種が引っ掛かっているように感じるのです。この時期は、飲み込む動作も少し難しくて、耳鼻咽喉科で診察してもらいました。


耳鼻咽喉科では、鼻の穴から細いファイバースコープを入れて見てもらいました。診察台には、ファイバースコープで映された映像が見れました。でも、何も異常は見つかりませんでした。これはもしかしたら食道が原因かもしれないと思い、内科にも相談に行きました。


ただ、胃カメラが苦手だったので、バリウムにしてもらいました。バリウム検査では、とりあえず異常なしと診断されました。


それでもなかなか、喉の引っ掛かりが治らないので、ドラッグストアでいろいろな薬を試してみることにしました。試した商品は、うがい薬の「イソジン」や「塩水」、「のどぬーるスプレー」と類似品。飲み薬として漢方薬の「半夏厚朴湯」と類似品です。


これらの薬を6カ月以上使用しましたが、ほとんど改善しませんでした。


そんな折、私はこの冬に風邪をひいてしまいました。喉の違和感を悩みながら治していたのに、風邪をひいて、調子の悪い喉が痛くなりました。喉の奥を見たら赤くなっていました。これ以上、喉が悪化しないように、病院へ行くことにしました。


インフルエンザもかなり流行っていたため、病院で検査もしましたが、インフルエンザではありませんでした。とりあえず5日分の薬をもらって帰りました。


風邪で喉の傷みもあり、薬を服用しながらイソジンなどで朝昼晩、うがいをしました。風邪で体もだるかったので、連休日には一日中、寝ていました。そして深い眠りからさめたある日の事です。だるい体も少し楽になり、起き上がって飲み込む動作をしてみました。すると、今まで引っ掛かっていた喉の違和感が無くなっていたのです。


治った原因として考えられるのは、病院から出された薬だと思いました。


でも、誰でも病院から出された薬で喉の違和感が治るとは限りませんので、まだ喉の違和感で悩んでいる人は、生活習慣の改善を含めて根気強く治す努力をしてみて下さい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク