思いついたことを伝えたいブログ

2020/02/07

YouTubeがIEで見れなくなる?どのブラウザをアップデートするのか

IE(Internet Explorer)でYouTubeのホーム画面を開くと、「このブラウザのサポートはまもなく終了します。快適な視聴をお楽しみいただくためには、ブラウザをアップデートしてください。」と黄色い警告バーが表示されるようになりました。




そこでブラウザをアップデートしようとリンクをクリックしてみると、IE(Internet Explorer)がありません。あるのはMozilla Firefox、Opera、Google Chrome、Microsoft Edgeだけです。

IEで使い慣れているだけに、他のブラウザには少し抵抗がありますが、これからはIEでYouTubeを視聴することはできないのでしょうか。

この4つのブラウザの中でIEに近いものはMicrosoft Edgeなんでしょうか。



実際にIEからMicrosoft Edgeにアップデートしてみると、ほとんどGoogle Chromeの仕様と同じでした。

Microsoft Edgeの「e」のデザインも、今では新しくなっています。




そこで、Microsoft Edgeについて、少し調べてみました。

Microsoft Edge

Microsoft EdgeはWindows10に搭載された新しいブラウザです。Internet Explorerは2013年に開発が終了した古いブラウザであるため、以前からセキュリティの脆弱性が指摘されていました。

2020年1月15日にWindows7 のサポートが終了し、これに伴ってマイクロソフト社が旧Microsoft Edgeから新Microsoft Edgeをリリースしました。

新Microsoft EdgeはChromiumをベースにしていますから、Google Chromeと仕様がほぼ同じということになります。

Microsoft Edgeの欠点としてはIEと比較したとき、ブラウザの機能としての「お気に入り」が少し分かり辛く面倒になりました。慣れるまでいろいろと苦労をしそうです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク