思いついたことを伝えたいブログ

2020/03/09

2019年全国マンション販売戸数ランキング

2019年度の全国マンション販売戸数のランキングを事業主別に不動産経済研究所が発表していましたので、まとめておきます。それによると、2019年の事業主・売主別のマンション供給トップは、5,690戸を発売した住友不動産でした。これは6年連続のトップとなりました。2位はプレサンスコーポレーションで、3位は野村不動産でした。

上位20社の合計は4万782戸で、全国シェア57.7%となります。

2018年の4万6917戸と比較すると、6,135戸(13.1%)の減少となりました。

このデータは、首都圏のみファミリータイプとし、近畿圏とその他の地域には投資用マンションが含まれています。




データをもとにグラフ化してみましたが、首都圏、近畿圏、その他のエリアで事業主の特徴が表れています。

ここで問題なのは、どのくらいの期間で完売しているのかです。近年は不動産価格が上昇しており、エンドユーザーは購入しにくくなっています。そうなると、これがいわゆる残戸になってしまうのです。

新築マンション市場で残戸が1万戸を超えてくると要注意です。

事業主 首都圏 近畿圏 その他 全国
住友不動産 4,136 744 810 5,690
プレサンスコーポレーション 147 3,825 1,333 5,305
野村不動産 3,111 414 416 3,941
三菱地所レジデンス 2,277 396 692 3,365
三井不動産レジデンシャル 1,750 29 586 2,365
エスリード 0 2,121 0 2,121
東急不動産 1,340 435 37 1,812
タカラレーベン 531 272 962 1,765
大和ハウス工業 1,046 340 316 1,702
あなぶき興産 0 62 1,537 1,599
日鉄興和不動産 1,109 290 80 1,479
フージャースコーポレーション 171 154 1,023 1,348
大京 421 170 705 1,296
日商エステム 0 646 631 1,277
穴吹工務店 84 0 948 1,032
近鉄不動産 221 704 94 1,019
名鉄不動産 569 174 194 937
東京建物 744 137 48 929
阪急阪神不動産 305 596 0 901
積水ハウス 265 422 212 899
合  計 18,227 11,931 10,624 40,782

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク