思いついたことを伝えたいブログ

2022/12/27

ヤマダ電機で労働契約更新の時に受けたパワハラ

 以前、家電量販店のヤマダ電機で契約社員として働いていたとき、おかしなことを部長から何度か言われたことがあるのでここに書いておきます。そのおかしな事は一般的な会社では起こらないようなことだったので驚いたことを記憶しています。

当時、東京都下の店舗に配属になり、住宅・リフォーム関係のコーナーで働いていました。

面接は店舗内の事務所で行われましたが、その時、店長の江越という人からびっくりするような事を言われたのを覚えています。

どう言われたかというと「態度が悪いとクビにする」と。

この言葉には驚きました。面接でこんなことを言われたことはありませんし、初めてでした。まったく失礼な言動だと感じました。

人を何だと思っているんだろうか、と気分が悪くなったことを覚えています。

これは、ヤマダ電機の従業員の質が悪いということを暗に示していると思いました。

そして、一事が万事のことわざ通り、入社してからおかしなことが起きるのです。

指示は主に店長やフロアー長からでしたが、時々、テレビ会議に出ることもありました。




テレビ会議でパワハラ

ある日のテレビ会議での事です。

群馬にある本部に部長らが集まり、適当に支店に質問を投げかけていました。

部長は齋藤と言っていましたが、当時50歳前後の背の高い男でした。

テレビ画面の向こう側で部長の齋藤という男は「○○だと考えますが・・・」と何やら意味不明の独り言のようなことを言い、「どう思いますか?」こっちへ質問を振ってきました。

こっちは自分の考えを「○○だと思います」とマイクで伝えると、齋藤という男はいきなり「まったく的外れでわかってない!」と怒鳴り始めました。

あまりに唐突で変な感じだったのでしばらく沈黙しました。

齋藤という男はいったい何が言いたいんだろうか、と疑問に思い、考え方が全く合わないとも思いました。

この時のテレビ画面をスマホに収めたいぐらいでした。

ヤマダ電機のテレビ会議では、社員を吊るし上げるようなパワハラが日常的に繰り返されていると確信しました。

労働契約更新時のパワハラ

部長の齋藤という男からは、労働契約更新時にもパワハラを受けました。

契約更改時には、引き続き会社で働く意思があるのかどうか、面談をするようです。

ある支店の休憩室で労働契約について面談をしたとき、問題が発覚しました。

部長の齋藤は労働契約書をテーブルに出して「まだ働く?どうする?」と言ってきました。

実は、その2~3週間前に、本部から労働契約書の書類が送られてきたので、そこに署名捺印して送り返していたのです。こちらとしては、引き続いて働く意思表示をしたのです。

そのことを目の前に座っている部長の齋藤に言ったところ「どこに?いつ?」と聞かれ、唖然としました。

ヤマダ電機の本部の人間であるにもかかわらす、その事を知らないのです。いったいどうなっているのか疑問を持ちました。

さらに部長の齋藤は「本部のどこに?」と質問してきました。

こちらは詳しく覚えていないし、控えもないものだったため、はっきり言えませんでした。

とにかく「もう契約更新の書類は送っていますよ」と再三言っても、部長の齋藤は聞き入れることはせず、ついに威圧的な行動に出ました。

契約するのかしないのかと書類を掲げる

こちらとしては、すでに雇用契約書を本部に郵送しているので、部長がそれを確認するのが本筋だと思い、何度か部長の齋藤に「ちゃんと確認してください」と申し入れました。

ところが全く聞き入れることはなく、ついに威圧的な態度に出ました。

部長の齋藤は書類を片手に持ち、それを肩の位置まで掲げ「どうするんだ!?」と契約書をこっちに見せつけるようにして大声を張り上げました。

ヤマダ電機ではこんなことを日常的にやっているんだな、と思いました。

結局、その書面に記名捺印しましたが、これは労働契約書が2枚あることになります。当然、記名した日付も違います。

こんないい加減でひどいやり方をするヤマダ電機の管理職というのは、一般社会常識がないと言えます。

練馬支店でいきなりパワハラ

この店舗でも変な店長からいきなりどう喝されました。

配属された日にフロアに立っていたら、店長の美馬という男がいきなりツカツカ歩いてきて「ぜんぜんダメじゃないか!」とほざいてきました。

全体が悪いのに何故、こんな態度をとるのか、非常に疑問でした。

あるミーティングの日について、どうしても他のグループ会社のミーティングがあるから欠席をしたいと伝えたら「ダメだ!」と言われたことがあります。店舗て行う数人のミーティングでしたが、店長は「この店舗で行うミーティングは大事だから絶対に出席しろ」と言っていました。

結局、グループ会社には事情を説明して、そっちのミーティングは欠席しました。

ところがそれから数カ月後の事です。いつものミーティングに店長の美馬の姿がありません。

店舗内にはいるようでしたが、参加してこないのです。

それにしても、何といい加減な店長なんだろうかと不信感でいっぱいになりました。

そんなことからヤマダ電機を退職しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク